マンションの賢い選び方

間取り図

高い利益を生むマンション

自分が住むのではなく、誰かに住んでもらい、家賃を得る目的で所有するマンションを投資用マンションと言います。もっとも、自分で住むマンションと投資用マンションの明確な区別はなく、どんなマンションであっても投資用マンションとなります。ただ、1つ言えることは、自分が住みたいと思うだけではなく、多くの人が住みたいと思えるようなマンションが投資用マンションとして相応しいということです。では、どういったマンションが投資用マンションに相応しいのかというと、立地条件が良く、設備や仕様が新しいマンションであり、尚且つ、家賃が安いマンションだと言えます。まず、最後に挙げた家賃が安いという条件を片付けますと、これは、販売価格が安いマンションを購入することでクリアできます。ただ、販売価格が安いことには必ず理由があります。主として考えられるのは2つ、1つは立地条件が悪いこと、もう1つは築年数が経っているマンションだということです。この2つは、前述した投資用マンションに相応しい条件とは、まるで反対となります。但し、古い設備や仕様はリフォームやリノベーションを行えば新しくなります。そして、立地条件に築年数は無関係ですから、そう考えると、立地条件の良い安い中古マンションを購入してリフォームやリノベーションをすることが良い方法だと言えます。近年、リノベーションされた物件には高い関心が寄せられており、リノベーション物件に住みたいと考えている人が多くいるのが現状です。従って、特にリノベーションは効力を示すことになり、リノベーションをすることで、高い利益が得られる可能性は大いにあります。